マンガ家を目指す上ではスキルアップが大事!専門学校で基礎を磨こう
ロゴ

vocational college NAVI

プロになるために必要な事~マンガの知識や技術は専門学校で学べる~

人気を集めるマンガはどうやって生まれるのか

読者を惹き付けるマンガを描くには、個性ある想像力と、単純作業を続けられる根気が必要です。さらに、ぶれない世界観やストーリーが揃って、はじめて人気作品を生み出す作家となれます。豊かな発想は、多くの作品に触れたり人生経験を積んだりすることで醸成されます。

マンガを描くのに大切なものランキング

no.1

キャラクターが最も重要!

人気のあるマンガはキャラクターが魅力的であり、ストーリーは、登場人物の魅力をさらに引き出していくためにあります。人気マンガは、いかに魅力あるキャラクターを確立するかにかかっていると言っても良いでしょう。

no.2

人物の描写スキルは絶対に必要

個性あるキャラクターの一挙手一投足が、読者に感動を与えるのですから、人物描写のスキルは絶対に必要となります。ストーリーの中心は、キャラクターの人物像を描くことですので、専門学校などで人体デッサンのスキルを磨き続けることが必要です。

no.3

幅広く興味を持つことが必要

多忙になっても、流行のものや新しい領域の知識を取り入れていくことが大切です。いつでも使える情報に整理して、作品ネタとして活用していくことで、良いアイディアが浮かびます。また、新人作家の作風なども参考にする等、マンガに興味を持ち続けることも大切です。

マンガ家を目指す上ではスキルアップが大事!専門学校で基礎を磨こう

漫画

プロの声を聞くことはなによりの勉強になる

客観的なプロの視点で自分の作品を評価してもらうことは、とても参考になるので機会を見つけることが大切です。プロからの評価によって、自分で気がつかない欠点を知り、これからなすべき行動の指針を得ることができるからです。率直な意見や感想を素直に受け取り、自分なりに消化していくことが成長のために不可欠です。

マンガ家の仕事はマンガを描くことだけではない

マンガを描く作業だけではなく、書きたいことに関連した情報収集から始まります。インターネットで調べたり、ときには取材のために外出したりすることもあります。また、キャラクターを決め、ネームの作成に時間をかけていきます。編集担当者との間で、ネームのブラッシュアップや作り直し等を繰り返す作業が発生することもあります。

マンガは決して1人では完成させる事はできない

マンガを作る作業は多くの人が連携して、共同作業で作り上げていくスタイルとなっています。ネーム作りの段階では、編集担当者と相談して改善点を洗い出していきます。繰り返し作業となることも多く、時間がかかる工程です。鉛筆で原稿を作成した後は、背景等の作業はアシスタントに任せるケースも多くありますが、細かい部分はマンガ家が描くこともあります。

広告募集中