昔と今では制作環境が違う!専門学校でマンガの制作方法を学ぼう
ロゴ

vocational college NAVI

専門学校でも学ぶことは大切~マンガのデジタル化の魅力に迫る~

昔と今では制作環境が違う!専門学校でマンガの制作方法を学ぼう

人形

デジタル化はマンガの世界にも革命をもたらした

マンガのデジタル化によって制作環境が大きく変わってきています。過半数を超えるマンガ家がデジタルツールを導入し、塗りやトーンなど、アシスタントが行っていた工程ほど、デジタル化しているのです。また、繰り返し変更されるネームをデジタル化することで、修正が容易になり、データ整理がしやすい点が評価されています。

デジタルの専門的な知識がマンガに活かされる

マンガの制作環境をフルデジタルにすることで、アシスタントや編集担当との間で変更・修正に関する情報を共有しやすくなります。また、3D系の補助ツールを使いこなすことで、高精細画像を容易に作成できます。デジタルツールは修得することで、臨場感のある背景を短時間で描画できる優れたものです。今後、専門学校で学ぶなら、デジタルの知識は不可欠なものとなるでしょう。

マンガの資本である紙とペンを忘れてはいけない

フルデジタル化することで、作業効率が高まりますし、関連者で共有することで仕事の進捗やデータ管理が容易になるメリットがあります。しかし、従来の紙やペンで描いていたペンタッチの違いや、好みの問題でデジタル化しない方もいます。アナログで描くマンガには、デジタルには出せない迫力があると言われており、手書きの原稿にこだわりを持つマンガ家もいます。

アナログvsデジタル!マンガを描く方法を比較してみよう

マンガの味が出る

マンガを描く際にタッチにこだわる方はアナログを選んでいます。自筆ならではの味を作品に投影させたい場合に利用されるでしょう。

ネームを繰り返し修正する

デジタル化によって、過去に作成したデータと合わせて、一括管理し作業効率が高めています。原稿は手書きでも、スキャンしてパソコンに取り込んでから、ベタ塗り等の仕上げを行う方もいます。

広告募集中