世界からも注目されているマンガの起源とは

広く普及しているマンガには意外に古い歴史があることをご存知でしょうか。その起源は古く、平安時代の絵巻物・鳥獣戯画にまで遡ります。滑稽な絵を表現することで笑いを誘うもので、現代のマンガにも通ずるフキダシが使われています。

比較して分かる!独学で頑張る事と学校へ通う事

あまりお金をかけたくないなら

漫画家になるためには必要な技術は、早い段階で身につけることが大切です。独学で技術を磨いていくことも不可能ではありません。また、費用を安く抑えたい人にはおすすめです。

作品について直接意見交換するには

漫画家になるために「これだけできればOK」といった明確な基準がありませんので、第三者からの客観的な意見は貴重です。専門学校なら、直接意見交換をする機会があるでしょう。

[PR]マンガの専門学校に通う
特長や就職内容をチェック!

[PR]広告デザインを書道家に依頼してみよう
人気作家の情報を紹介中

[PR]競馬学校に通いたい
受験対策内容をチェック

[PR]社会人で専門学校に通う
就職サポートを実施してくれる

マンガ家を目指すための方法【専門学校について知ろう】

女性たち

デビューまでプロのアシスタントになるのも道の切り開き方

デビューのきっかけを掴むための一つの方法は、漫画家としてすでに活動しているプロの先生のアシスタントになることです。実際の仕事を手伝うことで、実務や取り組み方などの有益な体験ができます。また、作品を読んでくれる編集者と知り合う機会もあり、メリットが大きいです。ただし、多忙になりがちで、自分の作品にかける時間を確保することが課題となります。

インターネットを利用して皆にマンガを読んでもらおう

インターネットを作品を発表する場として捉えて、自らのファンを獲得していく方法がプロへの近道と言えます。例えば、SNSなら気軽に投稿できる簡単さや、リツイートで一気に拡散され話題となる速報性があるからです。また、自らブログを解説すれば、作品をまとめ、より多くの情報を発信できるようになります。

マンガ家デビューのチャンスは意外なところに転がっている

マンガ家になるために「こうすれば良い」ということはありませんが、チャンスを掴むための活動方法はいくつかあります。新人賞に応募する王道から、出版社に直接持ち込むアグレッシブな方法など様々です。業界とのパイプを作ったり、同じ道を歩む仲間との出会いを求めたりしていると、意外なところで道が開けることもあります。

謎が多いマンガ家の色々な疑問を解き明かそう

どんなきっかけでマンガ家になったのか?

編集社への持ち込みや新人賞への応募など、プロになったきっかけは様々ですが、良い編集担当者と出会って、作品をブラッシュアップできたことが大きいと語る方は多いようです。この仕事しかないという思いがあった方、いつの間にかなっていたという方もいます。

連載しているとどんな生活リズムになるの?

生活リズムが不規則になりがちで、体力の限界がきたら寝るというような仕事量をこなす先生もいれば、サラリーマンのように規則正しく仕事をこなしている方もいます。長く連載を続けるためには、徹夜はしないで体調管理が必要なのかもしれないですね。

ネタ集めのやり方やアイディア作りの方法とは?

幅広い分野の情報収集と量が半端なく多く、それを引き出せるように整理している方も多くいます。圧倒的な情報量を背景にして、アィディアを出すのです。良い発想は、ぼーっとしているとき、散歩しているとき等、リラックスしている場面に生まれる方もいるようです。

どんなところに住んでいるのか?

編集担当との二人三脚となりますので、仕事がしやすい立地に物件を求めるケースが多く、編集担当者と一緒に探すこともあります。売れてくると泊まり込みのアシスタントがいますので 生活空間と仕事場を切り分けているところもあるでしょう。

描く時間はどれくらい?

作業が深夜に及ぶ夜型のマンガ家がや、朝からきっちり夕方までサラリーマン以上に規則正しい生活をしている方もいます。また、マンガを描くよりも、打ち合わせやネームを考える時間が多いこともあります。そのため、実際に描いている時間は短いと答える方も多くいます。

広告募集中